楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

1999年出版の(パラサイト・シングル野時代)を読んで

f:id:kunitabi:20191004002341j:plain

BTSサイアム駅からの夜景

パラサイト・シングル)、親と同居する人たちの事をあまり良くは書いてない本です。アメリカやヨーロッパの若者と比べると、日本の若者は親離れをしない。其の理由の1つが親が子離れせずに、いつまでもその子の面倒を見る。なので、子供も家を出ずに親に面倒を見てもらうことに慣れて、自分の収入を自分の趣味や買い物に使う!などなど。また現実として、独立(一人暮らし)を始めた若い人の殆どは、余裕のない生活(一部の成功者や、何らかの臨時収入、小遣い等がある者を除いて)での暮らしが普通やと。でも、やがてその(パラサイト・シングル)たちの親も弱り、金銭的にこの面倒をみれなくなり、代わりに子が親の面倒を見ることになる。まぁ、これが今の時代に来てるのかも知れないなぁ。もともと自立できない(パラサイト・シングル)が働きながら、弱った親の面倒をみるのは大変や!ともあります。親も歳をとるし、自分も歳をとる。そして時代はどんどん変わっていくし、さてどんな生き方が良いんやろなぁ??