楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

月末です。明日から11月。タイの11月は残念ながら祝日がありません。

f:id:kunitabi:20191031121229j:plain

ぼくのじゃないけど、山積みの名刺

朝、1駅ほど散歩をしながらやっぱり早めに会社に来た。昨日の営業での報告やまとめなどをちゃっちゃとヤッて、そのあとゆっくりコーヒー・ニュースの時間です。

そのあと、資料や書類などの整理、書類(紙)はちゃんとファイル分けして、エクセルやPDFの資料は(お客さん)ごとのフォルダーに収めて、それから自分のデスク周りの整理。パソコンとペン立て以外、余計なものは片付けて完了です。

明日から11月です。さて、11月はがんがん売れるでしょうか?

toyokeizai.net

グローバル化はええけど、相変わらず(日本人は下手)やとか(海外に出て働きたい若い人が少なくなった)とか書いてるなぁ。まぁ嫌なもんは嫌やろし。会社が頑張っても限界があるやろしなぁ。人の気分や好みを会社が変えれるのか??

英語や(それ以外の言葉)、それぞれの国にあるし、それを話している人の色や姿、特徴もそれぞれです。それらに触れるにはまず(旅行)やろな。

ぼくが初めて暮らしたのは(イギリス・ボンマス)でもちろん白人、留学生もフランス、スイスなどヨーロパからの白人が多かった。そこからロンドンに引っ越して、黒人も見るようななったし、スペインに移動して(ラテン人)、エジプトでは(アラブ人)の中で暮らしてきてるんで、ほんまラッキーなことに、どんな人でもあんまり違和感なく接することができます。旅行をして、どんどんこういうのに慣れていきましょう。