楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

バンコクの夜遊びを楽しむ。1人で行動をしましょう。

f:id:kunitabi:20200226000709j:plain

タイのカワイイ子と遊びタイ

まぁ、(団体行動)が好きみたいやな、日本人は! それはそれで良いと思う。

1人でごはんを食べるより、家族や友達、恋人・好きな人と食べるほうが絶対に美味しいと思う。けど、普段の生活は別。

団体でしか動けない人間になってしまうと、楽しみが半減してしまいます。

1人で行動していると、とにかく(判断力)(決断力)(行動力)(勇気)などが試されます。これがイイんです。

ぼくはすっかりバーやナイトクラブに(1人で行ける身体)になってるけど、できない人が圧倒的に多いんとちゃうかな。

はじめは(退屈)(どうしたらエエん!)みたいになって、いざ行っては見たもののずっとスマホをイジってる!なんてこと多いと思うけど、ナイトクラブなどでずっとスマホをイジってると、まず出会いは無い!

ぼくも(ヒラリー2)などで、ずっとスマホをイジってるタイ女がいても声をかけたりしない。面白くなさそうなんで。

なんで、

無理してもスマホはイジらないようにしましょう。

 

(1人で行く!)行為は難しそうに感じるけど、要は時間とお金だけの問題です。

例えば、1人でカラオケに行く。1時間1,000バーツ、指名した女の子と話しをして帰ってくる。それだけでも、ぜんぜん良いと思う。

今度は違うカラオケ屋に1時間だけ行ってみる!そういう繰り返し(これも行動)が、(コミニケーション力)や(会話力)を鍛えます。

ぼくは大概、知り合って話しをする相手を笑わせます。いつの間にか、人をそこそこ笑わせることのできる人間になっていました。

たぶん、海外を1人でぷらぷら歩いているうちに(経験)が溜まっていったんやと思う。(楽しいこと)(オモシロイこと)(寂しいこと)(辛いこと)(甘いこと)(かなり酸っぱいこと)などなど、まぁ色々やわ。

そこから、こんなときには(こんな会話)、この人には(こんな話し)なんてできるようになってきたんやと思う。

とにかく、友達と出ない時は1人で行ってみましょう。

興味のあるめし屋、カフェ、近所のバー!行ったことのないところに、ちょっとだけ(寄る癖)(見てみる癖)(顔を出してみる癖)をつけると、けっこうドンドン変わってくると思うなぁ。

(カワイイなぁ)と思う女性がいたら、(サワディーカップ)とワイするだけでも、ぜんぜん良い気持ちになれるもんですよー!!