楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

(ちょい旅)の疲れ、今朝は身体が動かない。

f:id:kunitabi:20200228114537j:plain

バンコクは晴天です

プーケットで日をたっぷりと浴びてしまったので、身体が少々焦げてるのかもしれない。今朝、目は開いても身体が動かず、5分ほどゆらゆらしてやっとベッドから起き上がることができました。

プーケット、暑かったもんなぁ。今回のプーケット、基本は夜遊びで、いつもの(ちょい旅)ほどガンガン歩いて!てのはしてなかったけど、やっぱりタイはもう夏やでぇ。

バンコクも暑いけど、ビルがいっぱいあって影も多い。その点リゾート地は、影が少なくけっこう日を浴びることになってしまいます。

旅の注意点:日焼け止めを持っていく。帽子をかぶる。

今回、ぼくはどっちも用意していませんでした。特に(日焼け止めクリーム)なんて、持っていったことがなく、たまに失敗したなぁーと思います。

今度のパタヤ旅行には、ちゃんと持っていこう!

朝のBTSで、あ~やっぱりバンコクは都会やなぁと現実に戻ってます。女性はやっぱりキレイです。プーケットタイ女は、愛想はいいけどなかなか美人はいません。(怒られるかぁ)海のある小さな町での暮らしと、大都会バンコクでは、まぁちゃうわなぁ。

プーケット生活は(サバーイ、サバーイ)。食って仕事をして、寝る。たまにセックス!という感じでしょうか?? おばさんも多いし、デブっちょも多い。

まぁ、美人は大都会バンコクで仕事をして稼ぐんやろなぁ。それはそれ。

どちらを選ぶかは、それぞれの自由です。(自分にあった生き方!)という点では、タイの人は日本人より賢く生きてるような気がします。

 

さて、プーケットから帰ってきたら、もう3月になっていました。もうすぐ誕生日やわ、53歳になります。残りの人生47年かぁ!と思うと、あと何回・・・いやいや、まだまだプーケットに行けるなぁーと考えています。

今朝の日経平均株価、また続落。21,000円を切ってしまいました。日本のコロナウイルス関連のニュースをみてても、しばらくは良くなりそうにないもんなぁ。

タイは、みんなマスクをしてるけど、そこまで騒ぎ立ててはいないし、プーケットの人、観光客はクレイジー!!なほど普通です。

まぁ、ぼくはバンコクで仕事して、暮らしてるはラッキーやと思ってるんで、今日も楽しく、今月もそこそこ頑張って仕事をしましょう。

しかし、まだ眠たいわ。