楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

景気が悪くなっています、固定費を見直しましょう。

f:id:kunitabi:20200303074200j:plain

今日の朝めしは、バーガーとカオニャオ

 

チキンバーガー20バーツ(70円)、カオニャオ25バーツ(88円)、コーヒー29バーツ(100円)=258円。今日の朝めし代です。

 

ユーチューブの(もふもふ不動産)さんの動画を見てると、どうやら10年周期の(不景気)に突入しそうな感じなんで、(自分の生活)を見直す時期に来ているようです。

この(もふもふ不動産)さんは、まず(固定費)を下げる努力を!と言っています。

ぼくは現地採用でタイで働いて11年になるんやけど、今まで1番屋会家賃で1万バーツ(最近のレートで35,000円)です。現在は9,500バーツ。

いつも(住むところにはお金をかけない)暮らしをしています。電気代が500から1,000バーツ(1番暑い時期で)(1,000バーツで3,500円)、水道代は月約50バーツ(175円)、スマホ代は200バーツ(700円)です。月の固定費は、高くて10,750バーツ(37,600円)です。

手取り給料の約12%です。ということは、88%が自由なお金!ということになります。

そこから、食費、遊び代(これが1番高い)、旅行費(遊び代2)と、遊んでばっかりです。

食費を真面目に計算したり、管理したことないけど、基本的にタイめし、屋台めし、マックスバリュなどでのサンドイッチを中心にしてるし、コーヒーも(バーガーキング)、(セブン)(カフェアマゾン)が中心で、(スターバックス)ほど高くはない。

会社の人、男との飲み会は基本的に行かない! 

タイ女との飲み会は行く!(ぼくが払う)が基本姿勢です。

たぶん食べる!だけやと、10,000バーツ(35,000円)も使ってないと思うけどなぁ。

合計して月20,000バーツ(7万円)ほどが生活費で、あとが(遊び代)(遊び代2)(遊び代3)ということになります。

遊び代が、まぁ普通の遊び代、買い物ちょっと。遊び代2が、夜遊び代。遊び代がセックス費です。ぼくの家計簿にはなぜか(セックス費)が入ってます。不思議です。

 

去年(2019年)から、特に買い物をあまりしないようにしているので、その分(遊び代2)(遊び代3)にお金を使っています。そして、去年の半ばから貯蓄(定期預金)をしているので、まぁその分だけが溜まっているという寂しい暮らしです。

寂しいけど、その寂しさに気づかず、なんとなくのほほ~んと生活しています。

 

ここまでは、ざっくりした(ぼくのタイ生活)なんやけど、どうやろなぁ??

(もふもふ不動産)さんが言うように、今はやっぱり(固定費)を見直して、不必要なものにお金を使わず、したいことにお金を使う、または(使う準備)をするのが良いんではないでしょうか?

 

タイの景気もちょっとづつ悪くなってるし、タイの人のお金の使い方!も変わってきています。けっこう(使わないく)(使えない)になってるでぇ。

www.newsclip.be

米ダウは一気に上がったけど、日経平均株価はぜんぜん上がっていない。ヤバいで、このまま17,000円台まで落ちるんとちゃうか???

 

f:id:kunitabi:20200303071652j:plain

いつもランチをしてる、ナナ高速下の屋台街

いつもランチをしてるのが、このBTSナナ駅とプルンチット駅の間にある高速道路、その下が屋台街になっています。朝は6時から午後の3時くらいまで、たくさんの屋台が並び、この周辺で働く人がたくさん利用しています。

ここで、有名なタイの(ぶっかけ飯)、おかず2つ選んで50バーツ(175円)です。

他に肉団子、ソーセージ、焼き鳥などの串は、1本10バーツ(35円)ほど、カットフルーツ(マンゴ)(パイナップル)(りんご)などは、1袋20バーツ(70円)です。

 

贅沢をしなければ、タイ料理を食べられれば、まだまだ安く暮らせるのがタイランドです。

その代わり、(遊び)にハマってしまうと、いくらお金があっても足りないのもタイランドです。 ぼくは、固定費を日本より抑えられる(タイの暮らし)が気に入っています。日本で(固定費を抑える)というのも良いアイデアやし、(固定費)じゃなくて(今の生活を変える)というので、今年から海外生活をする人、それはそれでもっと良いと思います。

そうやん、海外生活を考えたらエエんちゃうかなぁ。日本脱出やで!