楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

英語とアートを同時に楽しむ方法!

f:id:kunitabi:20150814203242j:plain

今はやっぱり(英語)は重要やと思う。コミニケーションが簡単に取れるツールとして、あるとめっちゃ便利です。ぼくはたまたま18歳の時に海外生活をするキッカケがあって、それ以来海外生活は、もう20年目ほどです。

なので、英語はまぁまぁ普通にできるし、他の言語では(スペイン語)(タイ語)はちょっと判る時もあるいます。とにかく、コミニケーションが取りやすいのが、最高です。普段は、まったく気にしてないけど、人に言われたり、タイ人の友達と笑って話をしてると、フッと言葉が通じるのって良いねぇ!と感じることがある。

今からでは遅い!ということはないので、ぜひ英語を勉強してください、

たぶん、ボケ防止にもなります。

年末、ぼくはパリとロンドンに遊びに行ってきたんやけど、パリ(フランス人)でも、まぁ簡単なぼくの英語やと普通に通じました。まぁ、道を聞いたり、その程度なんで簡単なもんです。イギリスはもちろん(英語)なんで、まぁ英語が話せると、旅行が簡単です。で、その旅行の目的が(古代エジプトの遺跡)。

なので、パリの(ルーブル美術館)(残念なことに今、閉館中)とロンドンの(大英博物館)。この2つの博物館、まぁいっぱい(古代エジプトの遺跡)を持ってます。

どんだけ~!ちゅう感じやった。

ルーブル美術館)では、もちろん(モナリザ)も見てきたし、(ミロのヴィーナス)のお尻の写真も撮ってきた。

ロンドンでは(大英博物館)の他、(ナショナル・ギャラリー)にも行ってきて、ゴッホの(ひまわり)、モネの絵なんかも見てきました。

むかしからぼくはアートが好きで、日本、タイ、その他に旅行で行く先々で、博物館や美術館には行きます。

また自分で絵(タイ人の顔、似顔絵)を趣味として描いたりしています。

そう言えば、最近はあまり描いていないので、またちょっとずつ描いていきたいと思っている。

このブログに時々アップしているのは、ぼくの描いた絵です。

 

toyokeizai.net

 

ビジネス、仕事にも(アートセンス)が必要な時代になった!を見て、(おー、やっぱり!!)とか思うけど、ぼくの今の会社での仕事の仕方が、今までぼくが学んだアートセンスが、何かの役に立ってるとは思わないし、役に立ってても解らない。

どうなんやろな??

それに、ぼくはなんとなく絵を見るのが好き!てな程度で、こだわりはない。

好きな(好み)の絵はあるけど、単に好き、嫌いの範囲で鑑賞してるだけです。学び!とは違うような気がする。

それでも、好きな絵などを見てると楽しいし、上手く似顔絵が描けた時も楽しい。

まぁ、難しくは考えないで、自分なりのアートの楽しみ方を見つけていけば良いと思う。

夏にドイツ、ベルリンに旅行する目的も、やっぱり博物館です。ベルリンの新博物館で、ネフェルタリの頭部を見てきます。