楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

出会いを求めてバンコクを歩く

f:id:kunitabi:20200305121843j:plain

ランチタイムのワイヤレス通り

バンコクでも独身者は、みんな(出会い)を求めています。けど、やっぱり大都会の(出会い)は、田舎の(出会い)より難しい。

たぶん、生活のスピードも早いし、(出会い)がなくても誤魔化せる(娯楽)が多いのもあるからやと思う。それでも、行動をしないと(出会い)はない。(出会い)がなくても良い!とは、口先だけである。やっぱりみんな(出会い)が多いほうが良いと思う。

うちのスタッフのエアーさん、まだ彼氏ができません。背の高いハンサムな彼氏が欲しいと言ってるけど、やっぱり(出会い)がない!とも言っています。まぁ、エアーさんはタイ女なんで、自分からバンバン話しかけたり、ラインを交換しましょう!とは行かないと思うし、事務職なんでお客さんと会ったりということもない。バスとBTSで1時間半もかけて会社に来て、オフィスで働いて、夕方やっぱりBTSとバスで帰るだけです。

土日の休みは寝てるって!えーなんで?と聞くと、お金がないから!やって。

このような生活ではなかなか(出会い)がないのも解る。彼女は親と一緒に暮らしてるんで、まぁ家が1番リラックスできるんやろなぁ。

ぼくら、バンコクに住む独身の日本人は、コンドやアパート暮らしなんで、できれば便利なところに住んで、どんどん遊びに行った方が良い。出れば出るほど(出会い)も増える。(ゴーゴー)でも(カラオケ)でも、お金もかかるけど(出会える)。

1番いいのはタイ人の友達からの紹介、習い事などを初めて友達を作るのもいい。

ぼくのように歳をとってくると、出会いもどんどん難しくなってくる。また(出会う)相手は日本人のおっちゃんバッカリである。寂しい。

けど、同じように(寂しい)(歳のせいや!)とか叫んでいても、まぁ(出会い)は来ない。やっぱり(行動)しかないんである。

ここまでが(前フリ)で、今日のランチタイムはワイヤレス通りを歩いてきた。

バンコクの中心地で、オフィスビルもいっぱいあるし、たくさんのサラリーマン、OLさんが働いている。なので、ランチタイムのOLさんを見に行ってきた。

今日はまためちゃ暑いんやけど、青いバンコクの空の下、タイのOLさんがわーわー言いながら、屋台なので買い物をしてる光景は最高です。キレイなタイ女も少しはいる。

(けど、少ない気がする)(どこに美人OLが多いのか??アソークか?それともチョンノンシーなのか??)

 

今は(出会いアプリ)なんかもあるので、そんなので(出会い)を求めるのもアリである。まぁ、何度も言うように(行動)やな。あとどんな人とでも(出会い)があれば、印象を良くするために(笑顔)で挨拶、話しをしましょう。多少の努力も必要です。

 

f:id:kunitabi:20200305121654j:plain

オールシーズンズプレイス

 

この記事では(テルメカフェ)と(ビアガーデン)が、バンコクの(出会いカフェ)として紹介されています。確かに(出会い)はあるけど、ゴーゴー、カラオケと同じようにすべて商売のタイ女です。ここで、オススメの(ビアガーデン)は、おばちゃんばかりなので、若い人がいってもぜんぜん面白くはありません。まだ(テルメカフェ)の方が良いと思う。

bangzi108.com

英語、タイ語がまだあんまりで、タイ女との会話に自信のない人は(ビアガーデン)などのおばちゃん相手に練習するのも、ぜんぜんアリやと思います。 OK !!!