楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

1人で行動する癖をつけて、英語を話すようになる。

f:id:kunitabi:20200305174103j:plain

ぼくの知り合いでバンコクに来て、もう2年以上タイ語の勉強をしている人がいて、もちろんぼくよりタイ語は上手い(と思う)。いや正確に言うと、タイの単語はよく知っている。けど、話しが面白くなしし、だいたい話をしないんで、上手いのか?どうかも?も分からない。話しもしないのに、なんでタイ語が必要なのかわからないけど、まぁ生活の中、仕事場なのでのコミニケーションに使っているんやろうと思う。


 英語を話したい!という人はたぶんいっぱいいると思うけど、なかなかなぁ!というのは、やっぱり(経験)が少ないからちゃうかなぁ??外人と話す機会の多い人は、やっぱり話せるようになるし、外人さんとの接点がまったくない生活では、やっぱり必要ないからなぁ。

京都や大阪にも、外人が集まるバーなんかがあるんで、そういうところで友達を作るのがいいと思う。

またぼくのようにバンコクにするん出る人は、語学学校なんかに行くのも良いし、そっこで友達を作るのもいい。できれば英語を勉強しに来ているタイ人と友だちになれば、一緒にごはんに行ったりできるし、またその友達を紹介してもらえる可能性もあるので、ますます英語で話しをする機会が増えて、はじめは話せなくても(話したいなぁ)という気持ちになれば、また更に(学ぶ意欲)が増すので、どんどん上手くなっていくと思う。

それとできれば、やっぱり1人で行動です。友達が自分より英語ができると、1.その友達に頼ってしまう。2.友達の前で、自分の英語を話すのが恥ずかしい。3.好きなようにできない。など、友達を意識してしまうことも多いと思うので、1人で行動がいい。

買い物も、コンビニやスーパーなど、カゴを持っていくだけで良いような場所ではなく、お店やレストランなんかに行くようにして、言葉を聞くようにする。また欲しい物があるか?ないか?などを英語で聞いてみる!という癖をつけるのも良いと思う。

ちょっとした生活での英会話の機会を(作る)(作らない)では、英語の上達が大きく変わってきます。スマホをイジれば、パッとできる(わかる)ことも、人に聞いてみる!という行動の繰り返しが、英語を上達させることもあります。

 

バンコクの街を散歩してる時に、(この辺にカフェ、ありますか?)とか、(なになに寺には、どうしていきますか?)(このお寺の中、写真を撮ってもいいんですか?)など、簡単な会話でも(自分から話す)癖をつけると、ぜんぜん違ってくるので試してみてください。

会社のスタッフに(最近、気に入ってる曲)を教えてもらったり、ちかくバンコクである(イベント)などを教えてもらったり、(お気に入りのレストラン)などのことでもい。雑談の中からでも勉強はできます。

(夜遊び)では、もっと話す機会が増えると思うし、お酒が入ると(恥ずかしさ)も和らぐので、意外といい感じで話すことができたりする。オモシロイ。

特に好みのタイ女なんかと話す機会があると、めっちゃ頑張るし。その時が楽しいと、(もっと、もっと)となるので、(行動力)(英語力)もグングン行くと思う。

そして、人を笑わせたりできるようになると、(楽しい人)というふうに見られて、どんどん会話も盛り上がるので最高です。

はじめはみんな(英語)なんて話せないけど、やっぱり場数を踏むと(語学)以外にも得るものがあって、超お得です。

さて、週末です。とにかく1人で、遊びに行ってみましょう!今週末、ぼくはバンコクです!