楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

バンコクで、ゆっくり海外生活。

f:id:kunitabi:20200307082333j:plain

海外暮らしは楽しい

夕方までアパートの部屋でゴロゴロしていたので、パソコンをもってカフェに来ました。

この時間(夕方6時)になってバンコクの暑さは、やっとマシになった。今日もギンギンに暑かった。今晩は、ちょっと遊びに行きたい。せっかくの週末やしな。

 

たぶん、夜働くタイ女も日に日に弱ってきてると思うんで、それを見に行くのもオモシロイ。夜働くタイ女にとっても、まぁ大変な年になってしまったもんや。

普通ならこの時期から来月にかけて、お客をどんどんとって金を稼ぐ時期やのに、今年はダメなまま雨季(シーズンオフ)に入りそうです。

タイの場合、次のシーズンは雨季が終わる11月です。これからの半年間、どうするんやろ??と他人事ながら、心配になってまうわ。

 

ちゃんと仕事をしてる人は、できるだけ今の会社にしがみつかないと、この時期の(転職)は難しいかもしれない。もちろん、その人の(実力・スキル・運)によりけりやけど、ぼくはとりあえず(転職)は考えていない。

けど、よそから好条件で誘われれば、速攻行きます。給料1.5倍!と言われれば行くでしょ! そういうオファーを、お待ちしています。

 

まぁ、それでもぼくにとっては、まだまだ快適なバンコク生活です。

そこまで、(コロナウイルス)でピリピリしてないし、ぜんぜん普通の生活もできるし、買い物に行っても(行かないけど)まったく普通やし。

部屋でゴロゴロしながら、(ネットフリックス)で映画を見たり、本を読んだり、昼寝をしたり。お腹が減ったら、エカマイのフードコートやら、(ヤマザキパン)、(マックスバリュ)などで、適当に食べても安いもんです。

 

食後のコーヒーは、蚊の多い、エアコンで寒すぎるカフェで、カフェラテお飲みながら、可愛い子は来てないかぁ??などと、パソコンに集中せず、キョロキョロしています。いい感じやなぁ。やっぱりバンコク生活、エエで!

若い人は、どんどんバンコクなど、海外に出て働く、経験することをオススメします。

 

f:id:kunitabi:20200225181353j:plain