楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

バンコクで、(お金)お勉強を始める。

f:id:kunitabi:20200307081422j:plain

(お金)の勉強をした方が良いと思う

 先月末に、ぼくのバーツの残金を記録しはじめました。お金の勉強と実践です。

ざっくりと月にいくらくらい使ってるかはわかっているけど、記録したほうが良いということで、(エクセル)を使って、これから毎月いくら使っているのかを見ていきたいと思います。

やっぱり漠然と(自分のお金のことはわかっている)つもりではいるけど、たぶん(エクセル)に記録していくと、思ってもなかったところ、または見落としヶ所なんかに気がつくかもしれない。面白そうや。ヤッて見る価値あり!

 

今日の日経平均株価の続落、急激な円高!、ぼくは株もFXもやっていないので、そのショックはわからんけど、実際にしている(損した人)の心境はどんなもんやんやろ?

まぁ、それも人によってやろけど、これから(不景気)に入るやろから、お金の使い方をいつも意識していかないと、大変な時代になっていくと思う。

 

まずは固定費の見直し、要らないものにお金を使ってないか??できるだけシンプルに考えていかないとアカンな。

ぼくはバンコクでサラリーマンをしていて、勝手に税金を引かれた手取り、これは毎月銀行のアプリで(いくら入った)というのが分かるし、そのたの収入は(残念ながら)ありません。今のところ給料だけ。

アパート代、電気代、水道代、スマホ代で、約11,000バーツ(38,500円)です。だいたい!というのは、電気代と水道代が月によって違う。タイの場合、水道代は安いんやけど、電気代がぼくの部屋(安アパート)でも、使用量によって結構違っていきます。

今みたいに暑い季節は1,000バーツ(3,500円)くらい払う時もあるし、さほど暑くない時期は500バーツ(約半分)ほどで済む時もあります。

 

だいたいざっくりと(月)50,000バーツとして、固定費で11,000バーツ、のこり39,000バーツ(136,500円)が、食費・遊び代・買い物などになり、全部で175,000円くらい使ってると思う。

これに旅行がはいるんやけど、タイ国内の旅行は、そんなにお金がかからない。スマホもそのまま使えるし、バスや電車(バスが便利かなぁ)、安い飛行機などを混ぜて、またホテル代も1,000バーツ(3,500円)まででけっこう泊まることができる。

ただ、年末に行ったヨーロッパなどになると、やっぱりお金がドン!と出ていくことになります。

これから(エクセル)で残金を追っていくと、たぶんその辺がもっとクリアーな感じで見えてくると思います。

 

あと(保険)てのも、会社が入ってくれてる(医療保険)しかもってないので、自分で保険代はいっさい払っていません。

そうそう、先月から(ネットフリックス)月399バーツに加入した。これが1,400円の固定に加わっている。それとBTSの回数券や。月に1,300バーツは(約4,000円)は払っている。それらを加えても、月5万バーツ(175,000円)くらいで暮らしてイケてると思う。

ぼくは、基本(食事代)にあまりお金をかけないので、そこではグッと節約できてるし、カラオケ屋さん、ゴーゴーバーにも行かない。

人と遊びに行くこともめったにない。たまにだけで、それもできれば夜中の12時に待ち合わせをしましょう!とか行って、(夕食)(そのあとのゴーゴーめぐり)なども、あまりしないようにしています。

クラブに直行!とか、そんなんが好きです。

 

まぁ、無理な生活はぜんぜん楽しめないんでアカンけど、 自分のしたいことにお金を使って、それ以外のことには使わない!という生活が、だいたい確立されてきてるような気がします。 

 

とにかく、しっかりとお金の勉強をしていきましょう。