楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

タイの女性、永久に美しく。

f:id:kunitabi:20200309113247j:plain

アンさんの眉毛とおでこ

ぼくのスマホ(ファーウェイP30)は、30倍ズームがあって、それでアンさんのおでこを撮影したので、ちょっと写真がザラザラしています。(ファーウェイP30Pro)やったら、もっとキレイに撮れるのかもしれないけど、ぼくのスマホの今の実力ではこれまでです。

アンさんはうちの営業で、なかなかキレイな女性です。旦那さんはチビです。清潔感があり、ちゃんと摂食もしてるようで、すらっとしたタイ人女性です。

眉毛をしっかり描いて頑張っています。(タイ人女性は、ふと眉毛がお好きです。)

 

タイでも田舎に住んでる人は、ノーメイク!なんていっぱいいると思うけど、さすがバンコクではそういう人は少ない。

目にはカラーコンタクトレンズ! しっかりメイクもしています。あとファッションも、これで会社に来るか???あんたはモデルか??というほど、気合を入れたファッション(私を見てファッション)でオフィスの廊下をサー!!と歩いています。

すごくクールやけど、がに股の人も多い!

 

インターネットや雑誌なんかで日本のメイク、韓国のファッションなんかが簡単に見られてるんで、タイ女も負けてられへんで!という感じで、みんな頑張っています。

鼻ぺちゃな人は、シリコンを入れたらいいし、ちょっとお金のある人は、バコバコ(ボトックス注射)をすればいい。

できることは全部して、美しくなるのがタイ式です。けど、運動はあまりしません。

以前に比べると(フィットネスクラブ)も乱立してるんで、行くタイの人は増えてるとは思うけど、できれば(努力しないで、簡単に)超美しくなりたい!のがタイの女性やと思います。

また最近は、付けまつ毛をパサパサ揺らしている女性も多い。おいおい、飛んでいってしまうで!と思うほどデカイのを付けてる人もいます。ここまでいくと、付けまつ毛じゃなくて、翼!んおようですが、自分では(これが美しい!)と疑ってないんでしょう。そうでよ、キレイですよ!

ケンカしたくないので、そう言っておきましょう。いや、必ず言うようにしましょう。

 

f:id:kunitabi:20200309183441j:plain

コメディ映画(永久に美しく)は、めっちゃオモシロイ