楽しく海外で生きるためのアイデアノート

くにタイねっと

バンコクで働く。時間を見つけて(ちょい旅)。ハッピータイ生活。

英語の勉強、(聞く)と(話す)。

f:id:kunitabi:20200314230618j:plain

ソイ7のバービア

バンコクで生活してるなら、意外とバービアなんかに行って、英語の練習をするのもいいと思う。

相手はタイ人、まぁそう上手くないので、緊張もないやろし、バーのおばさんたちと会話をして、少しずつでも(英語の勘)みたいなものを身に着けていきましょう。

うちのスタッフのエアーさんは、大学で英語を勉強した。先生は外人やったと言うことで、そこそこ英語を話すことができます。話しというと、いつも食べ物のことばっかりなんで、ぜんぜん大した内容の会話はできません。

これは(語学力)というより(人間力)の問題なんで、まぁおいておいて、英語の勉強方法。

とにかく英語を聞く、そして話すということやと思う。

あとはいつも言うように、1人で行動する!です。

1人でバービアに行って、店のおばちゃん、おねーさんと会話をしましょう。で、悪いパーンは、スマホをイジってしまう。これでは、話しができない。

店にあるゲームをする。これも、頭は使うんやろけど、会話にならないかなぁー。

 

まず(聞く)ことが大切です。英語のニュース、映画など、あと音楽でもいいけど、聞く癖をつけましょう。

多分はじめは、わからない言葉を聞き続けるのは、けっこう苦痛かもしれんけど、(耳を閉じてしまう癖)がついてしまうと、勉強にはならないしダメです。

 

本でも新聞でも、ネットででもいいけど、英語を読む癖もつけるともっと良いと思います。

 

バーなどで話しかけられた時に、どういうアクションをしますか??考えてみましょう。話しかけられるのが嫌で、ドリンクを注文したらスマホをイジる、下を向いているなどでは、おばちゃんも声をかけづらいと思います。

カウンターに座って、前を見ながら飲んでると、(この人1人なんかぁ?)みたいに思って、(どこから来てるんですか?)(バンコクで働いているんですか?)などと聞いてきます。

ちゃんと目を見て答えて、こちらからも何か質問するようにしましょう。

ここで質問がない!となると、それはまた(人間力)の問題やと思うので、質問のパタンなどを考えておいたら良いと思います。

また、隣の外人さんなどが、どんな話をしているか?盗み聞きするのも、けっこうオモシロイです。(くだらん話しをしてるなぁ)と思えるようになると、けっこう英語がわかってきてる証拠やと思います。

人の話しを聞いて、その質問をパクるのもありやと思います。

 

たとえば、おばちゃんからの質問で(どこから来てるんですか?)と聞かれたら、(日本からです。あんたはどこから来てるん?)でも良いと思います。ぼくはよく使います。( Japan, and you ? Where are you from ?)で良いでしょう。

ジャパン、アンド・ユー?てのは、ぼくの勝手なリズムです。

ジャパン、ウエアー・アー・ユー・フロム?より、アンド・ユー?入れたほうが、店舗が良いように思うんやけど、こんなのは、まぁ好き好きです。

 

たいがい(タイランド)と答えるので、(わかってるやん、タイのどこなん?)と話が続きます。( I know, where is in Thailand ?) 。で、例えばブリラムとかの答えが来たら、行ったことがある、行ったことがない、何が有名(ブリラムはサッカー、ブリラムユナイティッドという強いチームがあります)?とか、バンコクから何時間くらいかかるん?とか、なんでもイイんで、話しを続けることが大切です。

 

まぁ、こんなのも慣れなんで、まず今晩、1人でバービアに行ってみましょう!